入会不要・無料・全員もらえるプレゼントをGET!〈こどもちゃれんじ〉

【こどもちゃれんじベビー】3~5ヵ月向けの『特別号』は超豪華♪お得なセット内容をまるごとご紹介!

こんにちは。アラサー主婦のブー子(@MadderBell)です。

今回はこどもちゃれんじの一番小さい子向けの教材「こどもちゃれんじベビー」3~5ヵ月向けの『特別号』についてご紹介させて頂きたいと思います。

真顔
ブー子

特別号って何?

いくらかかるの?

だれでも受講できるの?

どんな教材が届くの?

など色々な疑問があると思うので、全部答えていきたいと思います!

さらに誰でも無料でもらえるプレゼントのGET方法も最後に紹介していますので、そのままお読みください♪

▼こどもちゃれんじの人気記事▼

[nlink url=”https://madder-bell.net/kodomo-challenge-syoukaiseido/”] [nlink url=”https://madder-bell.net/kodomo-challenge-present/”] [nlink url=”https://madder-bell.net/kodomochallenge/”]

 




こどもちゃれんじベビー『特別号』とは?

こどもちゃれんじの幼児向け教材(0~1歳向け)が『こどもちゃれんじベビー』ですが、ちゃれんじベビーは基本的には生後6ヵ月から始めることができます。

しかしもう少し早くから始めたいという方向けに、3~5ヵ月の赤ちゃんでも楽しめるこどもちゃれんじベビー『特別号』という教材があります。

特別号は、赤ちゃんがねんねしながらでも楽しむことができるマットや、絵本、音が鳴るおもちゃ、ひめくりカレンダーなどがセットになっており、お値段以上の豪華な内容となっています。(他の月号と同じ金額です。)

そして新米ママさんにとってはとてもありがたい、赤ちゃんのお世話ガイドなどこの時期の赤ちゃんの特長や接し方が書いてある情報誌も一緒に届きます。

子どもだけでなくママにとっても役に立つ教材はありがたいですよね!

 icon-pencil-square MEMO

こどもちゃれんじベビー「特別号」は、6ヵ月号以降も受講する方向けの教材なので、特別号だけ受講するということはできません。特別号を受講したら最低でもその後2ヵ月は続ける必要があります。

ちなみに特別号の料金は2036円(税込※2019年現在。詳細は公式HPにてご確認ください。)

6ヵ月以降の教材も同額なので、比べてみるとよりお得さが分かると思います。

 

また特別号は生後3~5ヵ月向けの教材ではありますが、生後5ヵ月を過ぎても遊べるように工夫されているので、長く使うことができるのが大きなポイント。

その時しか使えないとなるとゴミになってしまいますし、置いといても邪魔なだけですよね。

長く使えるということは他におもちゃを買わなくて済みますし、節約にもなります。

 

ではそんなこどもちゃれんじベビー「特別号」はどんな人におすすめなのか?

私が実際に「こんな人におすすめしたい!」と思ったので自分が当てはまるのかどうかチェックしてみてください。




こどもちゃれんじベビー『特別号』をおすすめしたい人は?

こどもちゃれんじベビー特別号はこんな人におすすめです!

icon-book こんな人におすすめ

  • 初めての子育てで何をしたらいいか分からない人
  • 赤ちゃんのお世話の方法が知りたい人
  • 赤ちゃんと楽しくコミュニケーションをとりたい人
  • 赤ちゃん用のおもちゃは何を買えばいいか分からない人
  • 赤ちゃんの発育を上手に促してあげたい人

 

いくつか当てはまりましたか?

当てはまった!という方は特別号から始めてみるのもいいかと思います。

ちなみに私はほとんど当てはまりました笑。

私にはいま1歳になる娘がいますが、はじめての子供なので育児の方法や接し方など分からないことが多くあり、子育てに不安を抱えていました。また住んでいるところが地元ではないので親やママ友も近くにおらず、頼れる人もいない状況でした。

そのため生後3ヵ月の赤ちゃんが楽しめるおもちゃは何か分からないですし、接し方ももちろんよく分かりませんでした。でもこどもちゃれんじベビー「特別号」には全て私が知りたかったことが書いてあり、また色んなおもちゃがセットになっていたので育児をしていく上でとても役に立ちました!

逆に言えば、既に何人もお子さんがいて育児には慣れており、赤ちゃんのお世話の仕方や赤ちゃん用のおもちゃをいっぱい持っているベテランママさんだったらあまり受講する意味はないかもしれません。

もしこどもちゃれんじベビー特別号が気になるよ!という方は無料資料請求ができるので、取り寄せて確認してみてくださいね!




生後3~5ヵ月の赤ちゃんの特長は?


最初の1~2か月はまだまだ小さい赤ちゃん。あまり笑わないし、視点が合わないし、なんか怖い。特に怖かったのが、ずっと何もないところをじーっと見ること。天井や私の後ろの方を意味もなくじっと見ている姿にはぞっとしました笑

ブー子
もしかしてオバケが見えてるの?実は事故物件・・・?

 

とネットで事故物件検索サイトを使って自分の家を調べたこともあります笑

赤ちゃんって純粋な生き物だから、汚れた大人には見えない何かが見えてるのかな~なんて思うこともありました。実際はどうか分からないですけどね!

 

しかしそんな赤ちゃんも3ヵ月頃になれば、少しづつ目がよくなってくるので動く物を目で追いかけることができるようになります。また首もすわってきます。

4ヵ月になれば音にも敏感に反応し、好奇心が旺盛になり手を伸ばし腹ばいで遊べるように。

5ヵ月になると体がよく動かせるようになり、早い子だと寝返りができるようになる子もいます。

 

赤ちゃんの成長スピードはすさまじいですね!

このぐんぐん成長するときこそ、スキンシップをたくさんとって遊んであげましょう!

そのことによって赤ちゃんは自分が愛されてるんだと認識でき、心と体の発達を促すことに繋がります。

もちろん親自身も幸せな気持ちになるので、一石二鳥ですね♪

 

「そんなこといったって、家事や料理などやらなきゃいけないことはたくさんあるから、ゆっくり遊んでるヒマなんてないよ(T_T)!」
と思う方もいるかもしれません。

分かります。

夜泣きのせいで昼間は眠い。寝たいけどでも料理も掃除も洗濯もしなくちゃいけない。手伝ってくれる人はいない。全部1人でやらなくちゃいけないから、忙しくてかまってあげられない時もある・・・。

でも、ねんね期の赤ちゃんは親がサポートしてあげないと自分で動くことや遊ぶことが出来ません。

何も変わらない天井や自分のまわりを見ているだけしかできないんです。

ずっとべったり遊んであげる必要はありませんが、時間がある時はスマホをいじったりテレビを見たりする前に、まずは赤ちゃんを見て、赤ちゃんに話しかけてあげたり触ってあげましょう。

赤ちゃんとの接し方ってよく分からなかったりすぐ飽きてしまいがちですが、そんなときに特別号で届いたおもちゃがとても役に立ちました!

実際にどう使ったのか詳しくご紹介したいと思います。




こどもちゃれんじベビー『特別号』の教材内容・感想

エデュトイゆらゆらスキンシップマットセット
(スキンシップジム・マット・しまじろうリング・蝶のパペット)
・うたあそびBOOK
・うたあそびおもちゃ
・ひめくりカレンダー
絵本いっしょいっしょ
保護者向け情報誌『おやこですくすく』
3~5ヵ月の赤ちゃん成長&お世話ガイド

 

 icon-pencil-square MEMO

今回ご紹介しているのは2018年に届いた教材です。現在の教材内容が知りたい方は公式HPにてご確認ください。『ゆらゆらスキンシップマットセット』のうち、『どうぶつスキンシップマット』と『しまじろうリング』は 6ヵ月号からの教材ですが、特別号から受講すると先行して届きます。

こどもちゃれんじベビーの教材は基本的に、おもちゃ(エデュトイ)・絵本・保護者向けの情報誌の3点セットです。

特別号にはさらにうたあそびBOOK・歌の流れるおもちゃ・ひめくりカレンダーなどがセットになっており、とても豪華な内容となっていました!

また私が申し込んだ時は、スキンシップマットのデザインを選ぶことが出来ました。

『森タイプ』『虹タイプ』、の2種類から選ぶことができたのですが、特別号から申し込んだ人は虹タイプも選べるということだったので、迷わず虹に。

そして他にも赤ちゃんとスキンシップを楽しくとりながら読み聞かせができる絵本や、赤ちゃんのお世話の仕方などが書いてある保護者向けの情報誌も一緒に届きました。

ひとつづつご紹介していきたいと思います。




エデュトイ【ゆらゆらスキンシップマットセット】

ゆらゆらスキンシップジム

これが特別号のメインのエデュトイ、『ゆらゆらスキンシップマットセット』です。

毎年デザインは変わっていくみたいですが、作りや素材はほぼ一緒です。

 icon-pencil-square MEMO
マットは6ヵ月号の教材ですが、特別号から申し込んだ場合『スキンシップジム(マットにつなげるアーチ状のおもちゃ)』と一緒に遊べるように先行してお届けされます。

スキンシップマットは1m×1mくらいの布製のマットで、プラスチックのアーチがくっついています。(自分で組み立てます)

マットにはちょっとした”しかけ”があり、見て、触って楽しめるようになっているのが大きなポイント。
またアーチには音が鳴りユラユラゆれるおもちゃがくっついていますが、取り外しても使えるようになってます。

そしてマットの遊び方ですが、年齢によって違う遊び方ができるので長く使うことができます。

  • 【ねんね期(3ヵ月頃)】・・・アーチについているおもちゃを揺らして目で追わせてみたり、揺らして音を鳴らし、目と耳両方で遊ばせる。
  • 【はらばい期~ねがえり期(4・5ヵ月頃)】・・・マットの四隅にしかけがあるので、手を伸ばし触らせて遊ぶ。
  • 【おすわり期(6ヵ月以降)】・・・自分で動けるようになるので、おもちゃやしかけなど興味の持った物を掴ませたり、アーチを外しておもちゃで遊ばせる。

 

色々な工夫がされているので長い間使っても飽きないようなしかけになっています。

そんなマットの四隅はこのようなしかけが付いています。

パンダだけイラストなのでちょっとしょぼく感じますが(笑)

遊び方としては、ライオンのしっぽをを掴む、カバの口を開く、かえるのプールを触るなど色んな遊び方ができます。

ただ赤ちゃん1人で遊んでもすぐに飽きてしまうので、

『コレは何かな?しっぽがあるね?』

『かばさんのお口開けちゃおうか?』

『かえるさんのプールきれい!』

『パンダさんだけ手抜きだね?』

などと言葉をかけてスキンシップをとりながら遊ぶと、より興味を持ってくれますし、親子で楽しい時間を過ごすことができますよ♪

ただこのマットは厚みがそこまでないので、下にジョイントマットやカーペットなど厚みがある物の上に敷いて遊ぶことをおすすめします。

 

蝶のパペット

サイズは大人の手のひらくらい。

蝶のぬいぐるみのようにも見えますが、羽の中身の部分が固いビニールのような素材になっているので、触るとパリパリっとした音が鳴ります。

しまじろうリングとつなげてアーチに取り付けユラユラ揺らしたり、取り外してパペットとして遊ぶことが出来ます。

娘はこのおもちゃが本当にお気に入りで、すぐ口に入れたがります笑

他のおもちゃだったらだめでしょって言って注意しますが、口に入れても大丈夫な素材を使用しているらしいので、そのまま好きに遊ばせています。

このおもちゃを目の前でパリパリしてあげるとピタっと泣き止みますし、1人でも遊んでくれるのでとても役に立ちました!

特別号のおもちゃの中で一番気にいっているのがこの「蝶のパペット」なので、お出かけする時も必ず持ち歩くようにしていました。

とても助かった優秀おもちゃです♪

 

太陽のラトル

スキンシップジムのアーチについているおもちゃです。

後ろはマジックテープで留められるようになっているので、取り外しできます。

またこのおもちゃは中に鈴が入っており、揺らすとシャリーンと鈴の音がします。

アーチを揺らすとこのラトルがシャンシャン鳴るので子供も気になるみたいでじっと見ていました。

やっぱり音の鳴るおもちゃはこの時期興味を示すみたいですね!

蝶のパペットと同様、目の前でシャカシャカ鳴らして一緒に遊ぶことができました。

 

しまじろうリング

しまじろうの形をしたリング2個セットです。

プラスチックのような素材で、触ると柔らかいです。

おもちゃというよりかは、蝶のパペットや太陽のラトルをアーチに取り付ける際に使うのがメインです。

ただこんなとくにしかけのないおもちゃでも娘は気になるみたいで、口に入れたり触ったりして遊んでいました。親としては何が楽しいんだ?と正直疑問に思いましたが笑

金属や固いプラスチックではないので口に入れても安心ですし、パキっと割れる心配もないのでそのまま好きなように遊ばせることができます。

また二つを繋げてカチャカチャと音を鳴らすこともできるので、色んな遊び方を見つけてみてくださいね!

 

うたあそびBOOK&うたあそびおもちゃ

上の写真はうたあそびBOOKといって、歌の歌詞と遊び方が書いてある本です。

下の写真は、そのうたあそびBOOKに書いてある歌が流れるおもちゃです。

それぞれ別々で使ってもいいのですが、この二つを組み合わせて遊ぶことによって面白さが倍増します!

 

例えば、うたあそびBOOKのある1ページ↓↓

『グーチョキパーでなにつくろう』の歌の歌詞が書いてありますね。右側には歌に合わせた赤ちゃんとのスキンシップの方法が書いてあります。

子ども向けの歌ってなんとなく覚えてたりしますが、どんなメロディだったか忘れてる方がほとんどですよね。そんな時、鳥のおもちゃがとても役に立ちます。ボタンを押すと、選んだ曲が歌詞付きで流れる仕組みになっています。

正直私は普段歌うことが苦手で、カラオケに誘われても絶対行かないってくらい歌が嫌いです笑

でもこのおもちゃは歌詞付きの音楽が流れ、歌に合わせた接し方も書いてあったのであまり抵抗なく歌って楽しくスキンシップをとることができました。歌が好きな方はもちろん、私みたいに音痴で歌が嫌い!という方でも使えるおもちゃだと思います。

 

日めくり成長カレンダー

卓上の日めくりカレンダーです。サイズは10㎝×15㎝くらいです。

普通のカレンダーとの違いは、Q&A方式で毎日お世話のヒントや悩みの解決策が書いてあるということです。
毎日成長に合った情報を読むことが出来るので、トイレやリビングなど、必ず目にとまる所に置いといた方がいいかもしれませんね!

使い方は、最初に日付を記入して、そのあと組み立てて卓上型にします。
ちなみに生後3ヵ月から1歳の誕生日が来るまで使うことができますよ(^O^)/
(※6ヵ月以降は週めくりになります。)

このカレンダーを使うことによって、その時期の赤ちゃんの成長具合、その時期の赤ちゃんへの接し方、豆知識など様々なことが書いてあったので、自分の興味のないことも知れてとても勉強になりました。情報が偏らないですし、普段あまりネットや本で育児の情報を集めない方にもおすすめできます。

ただめくるのをつい忘れて何日もたってしまうことがあるんですよね。そういう時は全部読んでからその日に合わせてめくるようにしています。

 

色々ご紹介してきましたが、こどもちゃれんじベビー『特別号』のエデュトイの感想をまとめてみました。

icon-android 特別号のエデュトイの感想

  • 値段以上のセット内容でお得感がある。
  • おもちゃは赤ちゃんでも楽しめる工夫がされていた。
  • 長く使えるおもちゃばかりなので飽きづらそう。
  • 子どもがとても気に入ってくれた。

 

最初は娘が気にいってくれるか心配でしたが、楽しそうにしている姿を見て受講してよかったと思いました!
2000円でこの内容なら大満足です。しかも+絵本と情報誌も付いてくるので、お得感があります。まだ赤ちゃん用のおもちゃを買ってない方にぜひおすすめしたいと思いました♪




絵本【いっしょいっしょ】

手のひらサイズの絵本。厚さは1㎝くらいです。

赤ちゃんはまだ言葉の意味など理解することは出来ないので、『ぴたっ』とか『ぎゅっ』などの単語が書いてあり、スキンシップがとりやすいように作られた絵本になっています。

単語がメインの絵本なので、普通に言葉を読むだけだとすぐに終わってしまいます。

楽しく読む方法としては、絵のどうぶつ親子のように言葉に合わせて赤ちゃんに触れて反応を楽しむようにします。

「ぴたっ」

「ぎゅっ」

と声をかけ、その音に合わせてスキンシップをとって絵本を読んでみました。
すると娘は手を握り返してくれたり、不思議そうにこっちを見てくることもありました。

この時期の読み聞かせって意味があるのかな?と正直最初は思っていました。だって言葉の意味は分からないし、絵も何が書いてあるか理解できてないですよね。

でもこの時期の赤ちゃんは、お母さんやお父さんに話しかけてもらいながら触ってもらえるととても安心するそうです。なのでこの時期の読み聞かせは言葉の意味や絵の意味を理解してもらうことを重要視するのではなく、親子で楽しくスキンシップをとって愛情を伝えるのが一番の目的だということに気付くことができました。

それを理解しておくと読み聞かせがもっと楽しくなりますし、一生懸命読んであげようという気持ちになれますよ!

毎日読むことは難しいかもしれないですし、飽きてしまいがちですが、赤ちゃんはなるべくママと接したいし話しかけてほしいと思っています。だってこっちが何もしなければ赤ちゃんは寝ていることしかできませんからね。

私もなるべく時間があるときは絵本を読んだりスキンシップをとるようにしました。多分ちゃれんじをやっていなかったらその重要さに気付くことができなかったなと思います。後で後悔してももうその時期には戻れないですし、早めに気付くことができて本当によかったです。

ではそんな特別号の絵本「いっしょいっしょ」の感想をまとめてみました。

icon-book 絵本の感想

  • 今まで読み聞かせをした経験がなかったけど、どんな風に読めばいいのか書いてあったのでスムーズに読めた。
  • コンパクトなので収納に便利。
  • 子どもと絵本のおかげで楽しくスキンシップがとれた。

 

今まで赤ちゃんや子供と接する機会があまりなかったので、読み聞かせ自体ほとんどしたことがありませんでした。なので自分の子どもにもどうやって読み聞かせをしたらいいか、またどんな本を選べばいいのか分からないことばかりでした。

でも特別号は月齢に合った絵本が届きますし、読み聞かせの方法や楽しくスキンシップをとる方法も一緒に書いてあったので楽しく絵本を読むことができました。

正直絵本のことを舐めていましたが、その重要性に気付くことができてよかったと思います。




情報誌【3~5ヵ月の赤ちゃん 成長&お世話ガイド】

こどもちゃれんじベビーは毎月おもちゃとは別に、保護者向けの情報誌も届きます。特別号ももちろん情報誌が届くのですが、今回のメインテーマは『3~5ヵ月の赤ちゃん 成長お世話ガイド』ということでした。他にも色々なことが書いてあったので簡単にまとめてみました。

CONTENTS

  • 3ヵ月頃からスキンシップ遊びが楽しくなる理由
  • 教材内容の説明、年齢別の遊び方
  • スキンシップ遊びのやり方
  • 読み聞かせアドバイス
  • 発達とお世話の早見表
  • 3.4.5ヵ月の赤ちゃんの心・体の成長
  • 赤ちゃんの睡眠リズム
  • 授乳の方法や気をつけたいこと
  • 赤ちゃんとお風呂の入り方
  • 遊び方Q&A
  • 子育て漫画
  • 赤ちゃんの成長アルバム
  • はじめての離乳食
  • 赤ちゃんの体調管理について
  • 定期健診と予防接種について
  • 赤ちゃんとのお出かけのあれこれ

このようにメインテーマ以外にも、たくさんの子育て情報が紹介されていました。

今はネットで簡単に育児情報など調べることができますが、ネットには正しい情報だけでなく間違った情報も溢れています。そのため何を信じていいか分からなかったり、間違った情報をうのみにして子育てをしてしまう可能性もあります。

例をあげると、ネットでは子ども向けにはちみつを使ったレシピが多く紹介されています。(某有名レシピサイトにも紹介されていました。)しかしはちみつは1歳未満の赤ちゃんが食べると乳児ボツリヌス症にかかってしまう非常にリスクの高い食材です。

その危険性を知らず、ネットの情報だけを信じはちみつを食べさせ、その結果乳児ボツリヌス症にかかり亡くなってしまったケースが何件もあります。

このようにネットの情報を全て信じてしまうと、最悪の自体を招いてしまう恐れがあるんです。

でもこどもちゃれんじの保護者向け情報誌は、たくさんの育児の専門家の方が監修した情報が載っているので安心してその情報を信じることができました。

また先輩ママの体験談なども紹介されているので、共感できる部分も多くあり、子育てに悩んでいる人にとってはとても役に立つと思います。

先ほども言いましたが、育児に自信がある人にとっては「こんなの当たり前のことじゃん!」というようなことが書いてあるかもしれません。でも私みたいな新米ママにとっては教科書みたいなもので、色んな情報を知ることができて勉強になります。

また育児の方法も年々変わってきてますからね。例えば昔は離乳食を始める前に果汁を飲ませたほうがいいと言われていましたが、今はその必要はないと言われています。

最新の育児方法が知れるので、新米ママ以外にも久しぶりに出産して子育てってどうやるんだっけ?と忘れてしまった方にもおすすめだと思います。

ではそんな特別号の情報誌の感想をまとめてみました。

icon-newspaper-o 情報誌の感想

  • 赤ちゃんのお世話の方法が詳しく書いてあったのでとても参考になった。
  • 先輩ママの体験談や育児悩みの解決法が書いてあって共感できた。
  • 色んな情報を満遍なく知ることができ、勉強になった。

 

とにかく特別号の情報誌には豊富な育児情報が紹介されていたので、本当に参考にさせて頂きました。

育児雑誌などにも色々書いてありますが、結局広告が多くて本当に良い商品を紹介しているのか分からなかったり、育児には関係ない無駄なことが書いてあったりするので私はあまり読みません。

また育児の本もたくさん種類はありますが、一人の育児専門家の人が書いてる本だったりするので情報に偏りがあると感じてしまいます。情報が古い場合もありますからね。

なのでちゃれんじのように幾人もの専門家、先輩ママの育児方法が紹介されている情報誌は安心して読むことができました。間違った情報や古い情報は紹介されていないですからね。育児にちょっとでも不安のある方にはぜひおすすめしたい内容となっていました。

 

ということで、こどもちゃれんじベビー特別号を色々ご紹介してきましたが、最後に無料でこどもちゃれんじからプレゼントをもらう方法をご紹介したいと思います!




【必見】だれでも無料でもらえる!はじめての離乳食セットをもらう方法!

無料でプレゼントを貰う方法、それは・・・

こどもちゃれんじの無料資料請求をすると、「ルクルーゼの離乳食セット」がもらえます!

容器やスプーン、ヌードルカッターなど複数のアイテムがセットになっています。

実際に私がもらったプレゼントはこちら!

▼使ってみた感想はこちらの記事で紹介しています▼

CHECK!【無料資料請求でもらえる!】「ルクルーゼのはじめての離乳食セット」が届いたので早速使ってみた!

特別号を受講しようか考えている方にとっては、離乳食なんてまだ早いと思っている方もいるかもしれません。でも離乳食は早い子で生後5ヵ月くらいから始める子もいるので、特別号を受講される方にとってはちょうどいいタイミングなのではないでしょうか?特別号自体が生後3~5ヵ月向けの教材ですからね!

 

また離乳食を始めるには色々と準備が必要です。

どんな食材を使うか、どれくらい食べさせればいいかということは勿論大事ですが、その前にまず容器やスプーンなど離乳食セットを揃えることも大事ですよね。

でも何を買ったらいいか分からないという方や、なるべくお金をかけたくないという方もいるでしょう。

そういう方たちにおすすめなのがこの離乳食セットです。

 

ちなみに、こどもちゃれんじに入会をしなくても「離乳食セット」はもらえます。資料を請求したら一緒にプレゼントとして送られてくるので、お金は一切かかりません。

なので安心してもらって大丈夫です。

 icon-chevron-down こどもちゃれんじを受講しようか悩んでいる

 icon-chevron-down いまはどんな教材内容なのか詳しく知りたい

 icon-chevron-down 入会する気はないけどプレゼントは欲しい

 icon-chevron-down お金は一切払いたくない

このように思っている方は、無料資料請求をしてプレゼントをGETしてみてくださいね!



\プレゼントももらえる!/

さいごに

過去の私のように、育児に不安や悩みを抱えている方を少しでも減らしたい!と思ってこどもちゃれんじ「特別号」を今回ご紹介させて頂きました。

赤ちゃんの子育て方法って初めてだと何も分からないですし、全部自分でやらなきゃいけないって考えるとストレスも溜まりますよね。

そういう方にこそ私はおすすめしたい教材だと思いました。気になる方は無料で資料も請求できますので、一度考えてみるのもアリだと思います(^^)/

 icon-angle-double-right こどもちゃれんじの無料資料請求、申し込みはこちら

育児に関する悩みやこどもちゃれんじに対する疑問など、何かあればお気軽にお問合せください♪
まだ新米ママで分からないことも多いですが、いっぱい勉強して経験して、立派なママになりたいと思います!

以上、ブー子でした♪

▼こどもちゃれんじの人気記事▼

[nlink url=”https://madder-bell.net/lecreuset-rinyuusyokuset/”] [nlink url=”https://madder-bell.net/kodomo-challenge-syoukaiseido/”] [nlink url=”https://madder-bell.net/kodomo-challenge-present/”] [nlink url=”https://madder-bell.net/kodomochallenge/”]