離乳食の悩みはコレで解決♪おすすめ便利調理グッズ3選!

はじめに

子供はすくすく成長し、あっという間に生後5~6ヵ月に。
寝返りやうつぶせなどいろいろ出来ることが増えていくので、目が離せなくて大変な時期ですよね(;^ω^)

そしてそんな大変な時期に始まるのが・・・

そう。離乳食

体がどんどん大きくなり、母乳やミルクだけじゃ栄養が足りなくなってきます。
なので赤ちゃん用のご飯を食べさせ始めなくてはいけません。

 

あ~もうそんな時期か~( ;∀;)と子供の成長を嬉しく思う反面、作るのめんどくさいな…と憂鬱な気持ちもあるでしょう。

 

しかし!そんなに悩む必要はありません。

 

離乳食作りはグッズがあれば簡単に作ることが出来るんです。

 

メンドクサイ離乳食づくりをもっと楽~にするために、

おススメグッズを3つご紹介したいと思います(^O^)/

ブー子
ちなみに全て購入、実際に使った商品のみご紹介しております。少しでも参考になればいいなと思います♪






リッチェル Richell 調理器セットE(レシピ本・冷凍容器付き)

商品名 Richell(リッチェル) 調理器セットE
用途 電子レンジからおかゆが作れる離乳食調理セット
商品内容 電子レンジおかゆクッカーE・こし器・おろし器・すり鉢・すり棒・小分けパック3個 ・レシピ本付き
購入サイト amazon
購入時価格 1437円(税込)

 

離乳食は歯が生えてない赤ちゃんでも食べれるように、食材を裏ごししたりすりつぶしたり、なめらかな状態にしないといけませんなのですり鉢や裏ごし器など調理道具が色々必要なのですが、そういった様々な調理器具がひとつになっているのが「離乳食調理セット」です。

離乳食セットが欲しいな~と思ってネットで探していたところ、この商品が一番安く、またレンジでおかゆが作れるのも便利かな~と思い購入しました。

 

【使ってみた感じがコチラ】

裏ごし

すりつぶし

すりおろし

『裏ごし』『すりつぶし』『すりおろし』の3種類の調理ができます。

この調理セットにおかゆクッカーレシピ本小分けパックがセットになっています。

 

まずこの調理セットを使ってみて思ったことは、、、

ブー子
離乳食初期に少ない量を作る時は便利。
しかしまとめて作り冷凍保存するには不向き!

 

離乳食キットはあくまで赤ちゃんが食べる量に合わせて作られているので、サイズは小さめ。幅約10㎝の手のひらサイズです。(その分コンパクトに収納できるので一長一短ですが。)

 

このように小さいため離乳食を多めに作って冷凍する時には不向きです。チマチマすりおろしたり裏ごしするのはかなりメンドクサイ(゚Д゚;)
そしてブレンダーを使った方が楽なので。(ブレンダーについては後ほどご紹介します。)

 

じゃあ買った意味あるの?と思われるかもしれませんが、あります。普通に使ってます(^O^)/

 

ではいつ使うのかというと、

離乳食が始まって間もなく、少ない量を作るとき

離乳食は、おかゆこさじ1杯から始まります。
そしてこさじ2杯、3杯と増えていきますが、最初の1ヵ月くらいは本当に少量です。
そのため最初の頃はたくさん作って冷凍保存ということはしないので、少しだけ作れるこの離乳食キットが役に立ちました!
あると絶対使う商品なので、このキットを出産祝いとしてプレゼントする方もいるみたいですね(^O^)/
私は自分で買いましたが、貰ったら嬉しいと思います♪

 

②大人用にご飯を作る時、離乳食用に少しだけ分けて調理をするとき

例えば大人用に野菜スープを作るとき。
調理の途中で野菜を茹でますが、味付けをする前に少しだけ取っておき、すりおろしたり裏ごしをして離乳食にするということです。量が少ないのでわざわざブレンダーを出して使うのは手間ですし、離乳食キットを使った方が楽なんですよね(*´з`)

 

③おかゆクッカーを使いおかゆをつくるとき

おかゆクッカーは炊いたご飯からレンジで簡単に作ることができます。
基本的には鍋でまとめて作り冷凍保存していますが、作り忘れてておかゆがなかった場合や、ご飯がちょっとだけ余ってもったいない時にこのおかゆクッカーを使います。

 

【おかゆクッカーを使った10倍がゆの使り方】

①専用のスプーンに山盛りご飯1杯を入れ、容器に入れる。

②専用のスプーンの裏側ですりつぶす。

③規定の線まで水を入れてよく混ぜる

④レンジで温め(600w4分)10分蒸らす

⑤専用スプーンでつぶしながら混ぜる

完成\(^o^)/

いかがでしょうか??
お鍋や炊飯器で作ると、最低でも1時間はかかりますが、このおかゆクッカーを使えば15分くらいで簡単に作ることができます。
※ちなみにスプーン山盛り1杯でこさじ5~6杯分のおかゆを作ることができます。

デメリットとしては、若干お米のつぶが残ってしまうこと。サラサラとしたスープ状のおかゆを作りたいなら、この後裏ごしかブレンダーできめ細かくしてください。(私は気にならない程度なのでそのままあげていますが。)

また一度に作れる量に限界があるので、(こさじ10杯がMAX)大量に作って冷凍保存などには向かないかもしれません。

 

なのでおかゆクッカーをおススメしたい人は

  1. 鍋から作るのがメンドクサイ人
  2. 毎回ご飯が少し余ってしまう人
  3. 冷凍じゃなくて出来立てを食べて欲しい人

これに当てはまる人はおかゆクッカー付きの調理器セットを買っても良いと思います(*^-^*)

 

あとおまけで付いてきた『離乳食レシピ』

 

生後5~6ヵ月のごっくん期から、9~11ヵ月のカミカミ期まで使える28のレシピが紹介されています。

見た感じ全部簡単そうなので、料理が苦手な人でも大丈夫(-ω-)/
またレシピには調理器セットの何を使えばいいのか書いてあります。離乳食作りが初めてで、食材をすりおろせばいいのか、裏ごしすればいいのかなど調理方法が分からない人におススメですね(*^-^*)

 

もうひとつおまけでついてきたのが、『小分けパック×3』

サイズはひとつ50ml。それが3個ついてきます。
コレが以外に便利で、おかゆクッカーでおかゆを作ったあと、ちょっと余ったりする場合にこの容器に入れてそのまま冷凍してます。
洗えば何度も繰り返し使えるので、おかゆ以外にも野菜や魚、出汁など冷凍してます。
蓋つきで衛生面も安心&重ねられるのでコンパクトに収納できるので、優秀アイテムですね(^O^)

 

ではそんなリッチェルの調理器セットをまとめると、

良いところ
  • このセットひとつで裏ごし、すりおろし、すりつぶし、おかゆづくりなど色んな調理が出来る。
  • コンパクトにまとめられるので場所をとらない。
  • レシピ本、保存容器などおまけが以外と使える。
  • おかゆが炊いたご飯からすぐに作れる。
悪いところ
  • 大量に作る時にはサイズが小さいので向かない。
  • 子供が大きくなるにつれ、食べる量が増えるので使わなくなるかも?
  • 鍋や炊飯器でおかゆを作る人は、おかゆクッカーは必要ない。

結果的には買ってよかったと思っています(^^)/
離乳食が始まって最初の頃は、少ない量しか作らないのでこのキットは役立ちました。
ブレンダーとうまく使い分けるのがベストだと思います♪

 

リッチェル Richell わけわけフリージング ブロックトレー(15ml、25ml)

商品名 Richell(リッチェル) わけわけフリージングトレー
用途 離乳食小分け用トレー
商品サイズ種類 1ブロック15ml 25ml 50ml
購入サイト amazon
購入時価格 2枚セット(15・25ml/382円税込 50ml/277円税込)

 

この商品はamazonで何かいいのないかな~とネットサーフィンしている時に発見。
レビューの点数が良かったので試しに買ってみました。

 

結論から言うと、、、

ブー子
ちょっと高いけど値段以上の価値アリ!
するんと取れてストレス軽減♪♪

 

はい!これは買ってよかったと胸を張って言える商品です。
まずこの商品なんなのかと言うと、離乳食を冷凍して保存する為の容器です。

100均に売ってる製氷皿じゃだめなの?と思う方もいるかもしれません。実際私もそう思っていたので100均の製氷皿を使っていたんですが・・・

 

まあ取れない!!ぶつけても落としても取れない・・・(゚Д゚;)イライラ・・・

 

と、毎回取れないのが地味にストレス。自分の機嫌が悪い時は床に叩きつけて取り外してました(笑)

そんなのが毎回続いてイヤだったので、今回この小分け用トレーを購入したのですが、簡単に取れる取れる(*‘∀‘)!
ポリプロピレンという素材を使っているので柔軟性があり、容器の下から押し出せばポコっとでてきます。

 

ちなみにサイズは15ml・25ml・50mlの3種類。

私は15mlと25mlを購入しました。
離乳食を始めて間もない時は、一度に少ない量しかあげないので、15mlを買った方が良いと思います。
それでどんどん食べていくようになったら買い足していくという方法がベストかと(-ω-)/

 

では実際に使っている感じがこちら↓↓↓

左 15ml 右 25ml

しらす・ひらめ・トマト・かぼちゃ

詰め方が雑なのはお気になさらず。
一つ目はおかゆ。15mlのと25mlのトレーを両方使ってみました。
二つ目は魚や野菜。1ブロックの容量が決まっているので、いちいち測って入れる必要はありません(^^)/

 

冷凍出来たらこのようにジップロックに入れて保存しておきます↓↓↓

 

またまた汚くて申し訳ないですが、こんな感じでジップロックに入れ替えています。
トレーを沢山持っている人はそのまま入れておいて、使う時だけポコっと外してもいいですね♪
(私はケチなので計2つづつしか持ってませんが(;^ω^))

 

このように、おかゆ・魚・野菜をまとめて冷凍しますが、すべて問題なく簡単に取り外すことができます。
小さなことですが、毎回取り外せないというストレスから解放されたので私はそれだけで満足です(笑)

 

そして簡単に取り外せるというメリット以外にも嬉しいポイントが。
それは蓋つきで積み重ねられること。

100均の製氷皿も同じように蓋つきで積み重ねられる商品がありますが、こちらのが薄い素材でできているのでサイズが小さく、コンパクトに収納することができます。

冷凍庫が大きい人はあまり関係ないかもしれませんが、うちはまだ一人暮らし用の小さい冷蔵庫(T_T)
冷凍庫も小さいため、ほとんどなにも入りません(笑)
なのでこの小さく収納できるというのは本当にありがたいです。

 

ではでは、そんな小分けトレーの評価すると・・・

良いところ
  • どんな食材でも簡単に取り外すことができてストレスフリー
  • 蓋付きで重ねられるので、コンパクトに収納できる
  • サイズが15ml、25ml、50mlと選べる。
  • 何度も繰り返し使うことができる
悪いところ
  • 私が買った時は2個で400円くらいだったので、もう少し安いとありがたい。
  • あんまり強く押し出すと割れそうで怖い

この商品はあまりダメな所が見当たらなかったです(;^ω^)
毎日使っていますが、子供がもうすこし大きくなったら買い足す予定です。
ちなみに最初は15mlを買うのをおススメします♪

取り外せなくてイライラする方はぜひ♡

 

Estale クイックハンドブレンダー

商品名 Estale クイックハンドブレンダー
用途 食材を混ぜる・つぶす・ねる
商品詳細 コード:100㎝ 重量:約520g 材質:ABS PVC ステンレス 電圧:100V 消費電力:300W
購入店 ドン・キホーテ
購入時価格 1780円(税別)

 

最初は買うつもりは全然なかったのですが、離乳食キットだけだと不便に感じてきたので、とりあえず安いブレンダーを買ってみようということに。ドン・キホーテで安く売っていたため購入。

 

結論は・・・

ブー子
 すりつぶし&裏ごしの必要がなくかなり楽に♪
でもブレンダーはケチってはいけない!

 

まずブレンダーとはハンディミキサーのような物で、いろんな食材を細かくする為の機械です。
安い物は数千円から、高い物は数万円するほどピンキリな商品です。なのでこの商品選びが大事なポイント。

 

私はとりあえず安い物を・・・と思って売っている中で一番安い物を購入しました。

実際に使ってみたら便利は便利。

 

しかしもう少し良いものを買えばよかったとちょっと後悔(泣)

 

その理由ですが・・・

  • 壊れてるんじゃないかって思うくらい音がうるさい。

高い商品が静かだとは限りませんが、安いのは100%うるさいです。なので昼間しか使いません。

 

  • 離乳食の事だけを考えて買ってしまったので、付属品がないのを買ってしまった

値段が高い商品には「付属品」がついています。みじん切りにする機械や泡立て器など、いろいろブレンダーに取り付けることが出来るので、調理の幅が広がります。
ブレンダーを買う時は、離乳食のことだけではなく、他の料理にも使うつもりで買った方が後で後悔しません。

 

  • ボタンが食い込んでしまい、常にON状態に。コンセントの差し込んだらすぐに動いてしまう

これは私が買った商品がたまたま不良品だったんでしょう。何回か使ってるうちに、ボタンが押し込まれてしまい、常にON状態になってしまいました。なので使用する時はボタンじゃなく、コンセントを入れる=電源ONになってます。まぁ問題なく使えてはいるんですが(;^ω^)

 

このように後悔したこともありますが、ブレンダー自体は便利なので買ってよかったとは思っています。
その一番の理由は、調理の時間がだいぶ短縮できたこと!

今まではおかゆや野菜をチマチマと離乳食キットで裏ごし、すりつぶしなどしていましたが・・・

 

めちゃくちゃ時間がかかるし、とにかくめんどくさい!!( ;∀;)

 

あれ?いつから裏ごししてたっけ?なんて時計を見ることもありました。
野菜によっては繊維が多く、裏ごししづらいものもあるんです。(キャベツとかブロッコリーとか)

野菜だけじゃなくおかゆも同様。裏ごししてもなかなかお米が網の向こう側へいってくれなくて、ずっとスプーンでゴリゴリ。。。
腕が筋肉痛になるレベルでした(笑)

 

ブレンダーを購入したおかげでめんどくさい裏ごし、すりつぶしをしなくてよくなり、時間短縮&疲れないなどメリットも多いので、ぜひおすすめしたいと思います(*^-^*)

ちなみに使い方ですが、

10倍がゆです。まだ米の粒が残っています。

ブレンダーで10秒ほどかき混ぜると・・・

ポタージュ状のおかゆに(^O^)/

このように、ハンディミキサーのように混ぜるだけなのでとっても簡単♪
写真だとまだお米の粒が残っていますが、混ぜる時間を伸ばせばもっとサラサラとしたおかゆも作ることができるので、離乳食初期にももちろん使うことができます。

そんなブレンダーの使った感想をまとめると、

良いところ
  • 裏ごし、すりつぶしなどしなくてよい
  • 調理セットを使うより時間短縮になる
  • 大量に作って冷凍する時に本当に便利
  • コンパクトなので収納場所にも困らない
悪いところ
  • 安いブレンダーだったのでボタンが壊れてしまった
  • 音がうるさい
  • 少しの量を混ぜる時はうまくできない

ブレンダーは、離乳食以外にも使うつもりで高いやつを買うことをおすすめします(*^-^*)
安いのを買った場合は、壊れること覚悟で使ってくださいね(笑)

さいごに

離乳食作りはめんどくさいですが、いろんな調理グッズや便利グッズを使うと楽しく作ることができますよ(^O^)/
どんな事でもいやいややるより楽しくやれる方が良いですもんね♪

最近だとお店でベビーフードが売っていますが、私はほとんど使ってません。

自分で作った方が安いし、体にもいいし、なにより愛情が伝わると思うからです。

忙しい時やおでかけの時は使うのもアリですが、普段は手作りのご飯を食べさせてあげましょう(*^-^*)

以上ブー子でした♪